入院をされる方へアイコン

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは

脳血管疾患または大腿骨頚部骨折、関節手術などの患者さんに対して、日常生活能力の向上と家庭復帰、社会復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを医師、看護婦、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが共同して作成し、これに基づくリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。

対象となる方(対象疾患)

  • 脳血管疾患、脊髄損傷などの発症後2ヶ月以内の方
  • 大腿骨頚部、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折もしくは二肢以上の多発骨折の発症後又は2ヶ月以内の方
  • 外科手術または肺炎などの治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、手術後または発症後2ヶ月以内の方(要相談)
  • 大腿骨、骨盤、脊椎股関節もしくは膝関節の神経、筋または靭帯損傷後1ヵ月以内の方
  • 股関節または膝関節の置換術後1ヵ月以内の方

費用

医療保険に応じた負担となります。

私物洗濯料、付添寝具料、病衣は、保険適用外になります。


入院期間

病状により異なりますが、制度上「発症から入院までの期間」「入院できる期間」がそれぞれ設けられています。


入院から退院までの流れ

患者紹介   紹介状(病状経過・内服・ADL状況等)もしくは、連携パスでご紹介ください。地域連携センター(前方支援)担当が対応させて頂きます。
   
医師による判断   リハビリ医師、内科医師へ情報提供を行い入院(転院)判定を行います。
   
入院前面談   地域連携センター(前方支援)担当と患者さん・ご家族との面談にて意思確認、介護保険、病棟の特殊性、手続き準備説明、病棟案内を実施します。
   
3階病棟(回復期リハビリテーション病棟)へ   入院時に患者家族と共に主治医との面談を行い今後のリハビリ経過について説明があります。また入院後、1週間ほどリハビリを行った結果で再度今後の方針について医師より説明があります。

お問合せ、相談窓口

地域連携センター担当

電話0254-23-7751(代)


病棟の紹介

病棟では、回復期リハビリテーション病棟協会のケア10項目宣言を踏まえて質の向上に取り組んでいます。患者さんは「食事をとる」「服を着替える」「トイレへ行く」「お風呂に入る」などの日常生活動作の獲得を目指しリハビリテーションを行っています。

患者さんが住み慣れた環境に戻れるように、残された障害を受け入れ、できるところは伸ばし、できないところはお手伝いしながら、少しでも安全に自立した生活が送れるように支援しています。また、家族の介護負担軽減を考え、専門職種が連携して、患者さんと家族と共に在宅復帰に取り組んでいます。


ナースステーションの様子

ナースステーションの様子

デイルームでの食事の様子

デイルームでの食事の様子


一日のスケジュール例


一日のスケジュール例


リハビリテーションの様子

リハビリテーションの様子

打ち合わせの様子

打ち合わせの様子


入浴設備の様子

入浴設備の様子

遊びリハの様子

遊びリハの様子