部門のご案内アイコン

栄養課

管理栄養士、調理師が連携し、入院患者さんへ食事を提供しています。

入院中の食事をおいしく召し上がっていただけるよう、管理栄養士が患者さんのベットサイドに訪問させていただき、お話を伺います。


入院中の食事
食事時間 朝食8:00頃、昼食12:00頃、夕食18:00頃 です
食事の種類 一般食 常食、軟菜食(三分粥、五分粥、七分粥、全粥)、流動食、やわらか食、ソフト食、ハーフ食 など
治療食 貧血食、エネルギー調整食、脂質調整食、塩分調整食、蛋白調整食、胃潰瘍食 など

手術後など手が不自由な時には、食べやすい食器やフォーク、滑りにくいお膳を使用し、ひと口サイズに切って提供する食事をご用意しています。また、毎週、摂食機能療法カンファレンスに管理栄養士も参加し、嚥下機能の低下した患者さんの食事に個々に対応しています。

※食欲低下の患者さんには、個人対応食も行っています。管理栄養士がお伺いします。


献立の例

さけの照り焼きの固さを調整し、嚥下機能が低下した方でも食べやすく調理しています

常食 やわらか食 ソフト食
常食 やわらか食 ソフト食
  歯ぐきでつぶせる
程度のかたさ
舌でつぶせる
程度のかたさ

選択メニュー

常食、貧血食(米飯)の方には、火~金曜日の夕食について、2種類のメニューから食事を選んでいただく選択メニューを行っています。また、朝食はパン食を選んでいただくこともできます(病状により対応できない場合があります)。


選択メニューの1例

冷豆乳担々麺

冷豆乳担々麺

ちらし寿司

ちらし寿司


誕生日ケーキ

誕生日ケーキ

※食種によっては他のものになる事があります


栄養相談

医師の指示のもと、管理栄養士が栄養相談を行っています。原則予約制です。ご希望の方は主治医か看護師にご相談ください。