部門のご案内アイコン

薬剤部

リウマチの治療には、免疫抑制剤、鎮痛剤、ステロイドなど様々な薬が使用されます。

私たちは、患者さんが安全に、安心して薬をお使いいただけるよう調剤、服薬指導、生物学的製剤の調製、治験などの業務にあたっています。

関節リウマチのくすり

関節リウマチのくすり


関節リウマチは、関節に炎症が続き、動いてもじっとしていても痛みや腫れが出てくる病気です。また、徐々に骨が破壊されたり、関節が変形したりして機能障害を起こす場合もあります。この原因は、自分の免疫機構に何らかの異常が生じて起こってくるといわれています。


関節リウマチのおくすりの種類は下記の別表のように分類できます。また、おくすりの薬剤費とおおよその自己負担額は次のようになりますのでご参考にご覧ください。



一般的に抗炎症薬は早く効き目があらわれますが、抗リウマチ薬はゆっくりと効き目が現れます。生物学的製剤はTNF阻害剤で早く効き目が現れるものもありますが、ほとんどの薬剤の効き目はゆっくりで、他の薬剤に比較すると確実に効き目が現れるのが特徴です。


バイオ調製風景

バイオ調製風景


治験・製造販売後臨床試験の依頼

治験又は製造販売後臨床試験等を依頼される企業は、こちらをご覧ください。

治験・製造販売後臨床試験の依頼」のページへ